自然からの恵み!ブルーグリーンアルジー

肌のハリ・弾力アップが期待できるエイジングケアコスメが誕生しました。
今回、独自製法で発酵・低分子化させたことにより、様々な働きを高めることに成功。
コラーゲン増加作用においては、他製品(EGF)と比べても、その差は歴然!
肌のハリ・弾力アップが期待できるエイジングケアコスメが誕生しました。
①人間の体に約60兆個の細胞。
正常な肌細胞の生まれ変わりを「CELLOROTECT(セルプロテクト)」がサポートします。
表皮細胞は約28日間で生まれ変わると言われています。
「CELLOROTECT(セルプロテクト)」が着目したのは、美肌のキーとなる肌細胞の再生サイクル。
「CELLOROTECT(セルプロテクト)」は、紫外線や乾燥によるダメージで傷ついた肌を保湿ケアしながら、正常な肌サイクルを取り戻すようにサポートします。


②「ブルーグリーンアルジー幹細胞成分(※2)」は角質層に働きかけ、ハリ・潤いを与えます。
皮膚組織に網目状に存在しているエラスチンやコラーゲンなどの弾力線維は、加齢と共に減少し、たるみや小じわといった肌トラブルの原因に……。
グローリー・インターナショナルの独自製法で発酵させ低分子化した「ブルーグリーンアルジー幹細胞成分(※2)」は 、エイジングケア(※3)に有効な新成分です。
③35億年前に誕生した、動物と植物両方の遺伝子をもつラン藻類。

89種の栄養素にNASAも注目!

ブルーグリーンアルジーは、動物と植物、両方の性質を備えている大変珍しい存在です。
光合成によって成長する植物の特徴をもちながら、構造は動物細胞に近く、
柔軟で消化しやすい細胞壁(ペプチドグリカン)で構成されています。
ブルーグリーンアルジーは約65~70%がたんぱく質。
また、人間が生きていくために必要な栄養素である50種のミネラル、13種のビタミン、20種のアミノ酸など、
実に89種もの栄養素をバランス良く含んでいます。

オメガ3とオメガ6をバランスよく配合。
カテキンの約4.5倍の脂肪分解パワー

ブルーグリーンアルジーは寒冷地に生息するため脂肪酸が多いという特徴があり、
オメガ3とオメガ6をバランス良く含んでいます。

原料のブルーグリーンアルジーはオーガニック認証を受けています。

米国の農務省(USDA)とオレゴン州(OTCO)の2つのオーガニック認証を受けたブルーグリーンアルジーを原料としています。

⑥ 抗酸化作用&紫外線ガード作用

ブルーグリーンアルジーは、動物と植物、両方の性質を備えている大変珍しい存在です。
生物上最高値の葉緑素を含むブルーグリーンアルジーを発酵・低分子化することにより
ポリフェノールの働きが高まります。
抗酸化作用と紫外線ガードのWパワーで若々しい印象の透明肌をめざします。

⑦北大西洋の氷海の褐藻エキスも導入!

ブルーグリーンアルジーは、動物と植物、両方の性質を備えている大変珍しい存在です。
『CELLPROTECT』には北大西洋の氷海で採取された褐藻エキスも導入しています。
そうすることで、より保湿力が高まり、うるおいのあるしっとり肌へ導きます。

コスメは出来る限り肌にやさしい処方にこだわりました。
89種の栄養素にNASAも注目!

世界初のブルーグリーンアルジー幹細胞コスメ「CELLPROTECT(セルプロテクト)」は、
防腐剤(パラベン、フェノキシエタノール)、着色料、合成香料を含みません。
デリケート肌の方にも安心してお使いいただけます。
(「BgCELL バイオセルロースマスク」、「BgCELL リセッタークレンジングミルク」は、
防腐剤(フェノキシエタノール/メチルパラベン)を使用しています。)
今回、独自製法で発酵・低分子化させたことにより、様々な働きを高めることに成功。
コラーゲン増加作用においては、他製品(EGF)と比べても、その差は歴然